よくある質問

【検定について】
質問1.
検定の目的は何ですか?
質問2.
検定はだれでも受けることができますか?
質問3.
合格するにはどのような勉強をすればよいでしょうか?
質問4.
何度でも受検できるのでしょうか?
質問5.
合格すると何かいいことがありますか?
質問6.
検定は中断できるのですか?
質問7.
本などを見ながら検定を受けてもよいのでしょうか?
質問8.
本などを見ながら検定を受けてよいのであれば、だれでも合格できるのではないですか?
質問9.
なぜ、合格証の発行に手数料がかかるのですか?
質問10.
合格証がないと、合格したことにならないのですか?
質問11.
今後も検定は行われるのですか?
【こまったときには(受検中)】
質問1.
何度やってみても、検定中にブラウザが動かなくなってしまうのですが?
質問2.
何度やってみても、次の問題がなかなか表示されないのですが?
【こまったときには(受検後)】
質問1.
解答と解説を見るために受検IDとパスワードを入力しても、「認証できませんでした」と表示されるのですが?
質問2.
解答と解説を見ようとすると、「制限時間をこえました」と表示されるのですが?
質問3.
合格証を申しこみたいのですが?
【相談したいときには(リンクなど)】
質問1.
自分のウェブページから、ルールとマナー検定(こどもばん)のページにリンクしたいのですが?
質問2.
自分のウェブページでルールとマナー検定(こどもばん)のことを紹介(しょうかい)したいのですが?



【検定について】
質問1.
検定の目的は何ですか?
答え.
だれもが楽しく安心してインターネットを利用できるように、インターネットを利用するためのルールやマナーを広く理解してもらうことを目的としています。
ルールやマナーを本当に理解しているか、身につけているかが確かめられるように、検定という形をとっています。
▲このページのトップへ
質問2.
検定はだれでも受けることができますか?
答え.
小学4年生以上の児童、中学生、高校生の生徒、保護者、教員を主な対象としていますが、だれでも受検できます。児童向けのふりがなありバージョンと、生徒、保護者、教員向けのふりがななしバージョンの2つがありますので、どちらかを選んで受検することができます。



※教師・保護者の方へ
年齢制限はありませんので、だれでも受検可能です。お子さまや児童・生徒の方に受検を推奨していただくとともに、ご両親や先生を含む多くの大人の方々の意識向上等にも役立つ内容ですので、ぜひこの検定をご活用ください。


▲このページのトップへ
質問3.
合格するにはどのような勉強をすればよいでしょうか?
答え.
ルールとマナー検定(こどもばん)の問題は、インターネット協会の「インターネットを利用するためのルールとマナー集(こどもばん)」の内容から出題されます。「ルールとマナー集(こどもばん)」をよく読んで勉強してください。
また、インターネットを利用するためのルールとマナーの公式テキストを書店などで発売中です。
本がほしい人はこちらを見てください。
▲このページのトップへ
質問4.
何度でも受検できるのでしょうか?
答え.
何度でも受検できます。
不合格だった人は、勉強し直してもう一度チャレンジしてください。
この検定は、たくさんの人にルールとマナーについて勉強してもらい、合格してもらうことを目的としています。
▲このページのトップへ
質問5.
合格すると何かいいことがありますか?
答え.
何よりも、インターネットのルールとマナーを身につけているという証明になります。
合格証を申しこめば、一般財団法人インターネット協会の公式な合格認定を受けることができます。
▲このページのトップへ
質問6.
検定は中断できるのですか?
答え.
検定は中断できません。検定の途中でブラウザを閉じると、それまでの答えは失われます。その場合は、もう一度受検してください。検定の制限時間は「検定をはじめてから6時間」です。
▲このページのトップへ
質問7.
本などを見ながら検定を受けてもよいのでしょうか?
答え.
インターネットのルールとマナーに関係した本やウェブページなどを見ながら検定を受けることもできます。
本やウェブページを見ることで、知識を深めることもできます。
▲このページのトップへ
質問8.
本などを見ながら検定を受けてよいのであれば、だれでも合格できるのではないですか?
答え.
この検定は、一人でも多くの人に合格してもらうことを目的にしています。
合格者が増えることは、それだけルールやマナーを身につけた人が増えることになり、とてもよいことです。
▲このページのトップへ
質問9.
なぜ、合格証の発行に手数料がかかるのですか?
答え.
合格証の発行は印刷費用などのほかに、送料、事務手続きなどの費用が発生するために有料となります。
▲このページのトップへ
質問10.
合格証がないと、合格したことにならないのですか?
答え.
受検結果が27点以上なら、合格証があってもなくても、合格したことに変わりはありません。
ただし、合格証には、合格者の名前が書かれます。合格証をもっていれば、自分が合格したことを他の人に知ってもらうことができます。
▲このページのトップへ
質問11.
今後も検定は行われるのですか?
答え.
ルールとマナー検定は、今後も引き続き行います。
検定はいつでも受検できます。今回の受検結果にかかわらず、ぜひ次回も受検してください。
▲このページのトップへ



【こまったときには(受検中)】
質問1.
何度やってみても、検定中にブラウザが動かなくなってしまうのですが?
答え.
先生や保護者に相談して、受検日時、使っているコンピュータのこと、問題点などをインターネット協会にメールで報告してもらってください。



※教師・保護者の方へ
以下の情報を、インターネット協会検定事務局あてにご連絡ください。

 ・検定名:ルールとマナー検定こどもばん
 ・受検日時:何月何日何時頃
 ・使用OS:(例:ウィンドウズXP SP1、Mac OS 9.2.2等)
 ・使用ブラウザ:(例:Internet Explorer 6.02、Netscape 7.1等)
 ・使用回線:(例:ダイヤルアップ 64Kbps、ADSL 1.2Mbps等)
 ・問題の状況:(例:検定中にフリーズする等)


▲このページのトップへ
質問2.
何度やってみても、次の問題がなかなか表示されないのですが?
答え.
受検者が多い時間帯は動作がおそくなることがあります。時間を変えてアクセスしてみてください。
また、多くのソフトウェアを同時に起動していると、動作がおそくなることがあります。必要のないソフトウェアを終わらせてください。
それでも問題が解決されない場合は、先生や保護者に相談して、受検日時、使っているコンピュータのこと、問題点などをインターネット協会にメールで報告してもらってください。



※教師・保護者の方へ
以下の情報を、インターネット協会検定事務局あてにご連絡ください。

 ・検定名:ルールとマナー検定こどもばん
 ・受検日時:何月何日何時頃
 ・使用OS:(例:ウィンドウズXP SP1、Mac OS 9.2.2等)
 ・使用ブラウザ:(例:Internet Explorer 6.02、Netscape 7.1等)
 ・使用回線:(例:ダイヤルアップ 64Kbps、ADSL 1.2Mbps等)
 ・問題の状況:(例:検定中にフリーズする等)


▲このページのトップへ



【こまったときには(受検後)】
質問1.
解答と解説を見るために受検IDとパスワードを入力しても、「認証できませんでした」と表示されるのですが?
答え.
受検IDやパスワードの大文字、小文字を間違えずに入力しているかを確認してください。



[検定結果]画面に表示された受検IDとパスワードは、メモに書きとめるか画面をプリントする、または、画面上からコピー&ペーストしてテキストエディタ(メモ帳など)にはりつけるなどして、大切に保管してください。IDとパスワードは再発行できません。もし忘れてしまった場合は、もう一度受検してください


▲このページのトップへ
質問2.
解答と解説を見ようとすると、「制限時間をこえました」と表示されるのですが?
答え.
解答と解説を見られるのは[解答と解説を見る]ページを最初に表示させてから24時間です。24時間をこえると、解答と解説を見ることができなくなります。
▲このページのトップへ
質問3.
合格証を申しこみたいのですが?
答え.
合格証を申しこむときは、必ず先生または保護者にたのんでください。子どもが先生や親の許可を得ないで勝手に申しこむことはできません。



※教師・保護者の方へ
合格証は、「合格証発行申しこみ受付案内」画面からお申込みください。
合格証申しこみは、電子メールアドレスが必要です。


▲このページのトップへ



【相談したいときには(リンクなど)】
質問1.
自分のウェブページから、ルールとマナー検定(こどもばん)のページにリンクしたいのですが?
答え.
原則としてリンクは自由です。インターネット協会検定事務局あてに、メールでリンクしたことを知らせてください。
▲このページのトップへ
質問2. 自分のウェブページでルールとマナー検定(こどもばん)のことを紹介(しょうかい)したいのですが?
答え. ぜひ紹介してください。紹介するときは、インターネット協会検定事務局あてに、どんな形で紹介するのかを、メールで知らせてください。
▲このページのトップへ



こども版ホームへもどる



















Copyright © Internet Association Japan. All rights reserved.